チケットの譲渡について考える


最近ジャニーズはチケットのことで厳しくなったと思う。


結果はどうであれ、顔認証システムを始めてみたり、当日まで座席がわからないデジタルチケットを始めてみたり。


転売対策に力を入れている。


それもこれもここ数年で更に悪化してきた高額転売やチケット詐欺、そして複数名義が原因だと思う。


正直自分名義で戦っているこちらからすれば喜ばしいことである。

何故なら当選率が上がるから。


複数名義や転売目的の申し込みが減れば自然と同一人物の当選は少なくなる。

そうすれば自ずとこちらの当選率は上がってくる。


ただ「チケットを譲る」ということが出来なくなると困る問題も一つある。


それは急遽ライブに参加できなくなってしまった場合。

その際にお金だけ払って参加できず、そして空席を作ってしまうということになる。


そんなの申し込む時点で考えろよ、という人もいるだろうし事務所的にもそう思っていると思う。


けれど社会人になれば急遽仕事で都合がつかなくなることもあれば、

冠婚葬祭などどうしても外せない用事が入金後に起こることがある。


そしてもうひとつは妊娠や病気で参加できなくなる(ドクターストップがかかる)場合もある。



私の姉は癲癇を持っています。


普段は全然発症しないし、見た目では全然わからない、至って普通。

私の姉と会ったことのある人は特に持病もない健康体質だと感じたはず。

普通に社会人として働いているし。


だけど私の姉は学生の頃に発症してから10年以上癲癇を抑える薬を飲んでいますし、定期的に病院にだって通っています。


それでもその時の体調によって発症することがある。


実は癲癇持ちの人って意外とライブに行くことが大変だったりするんです。


強い光が刺激になって意識が飛んでしまうこともありますし、ライブハウスとかならそのまま窒息する可能性だってある。


だから実は癲癇持ちの人ってプールとか海もドクターストップがかかっているんですよ。

私の姉は発症してからは体育の授業でプールがあってもいつもお休みしていました。



そんな姉と以前一緒に横のソロコンに行きました。

その時は国際フォーラムだったのですが、演出の光で意識が飛んでしまって、公演終了後も意識がないままでした。

途中から怪しいなあと思って座らせたりしていたけれどダメでした。

起きてるけど脳がぼーっとしている状態。

(後からその時のことを尋ねると基本的に本人は覚えていません)



野外のライブでは少ないけれど、屋内のライブ(特に狭い会場)は光がこもりやすいし会場自体が狭いので距離が近すぎる分、光を強く感じることが多い。


健康体の私ですら眩しい!と感じることがあるくらい。

だからそういう刺激に弱い人はより一層ダメージが大きい。


最近はあまりないけれど、事実今まで何回かライブ中に意識が飛んでしまったこともあります。



でも先程も言った通り別に普段は普通なんです。


全然健康体だし普通に仕事だってしてる。


でも実は持病を抱えている。



そして姉以外にも友人に癲癇持ちの子がいて、その子は癲癇が原因でライブ前に急にドクターストップがかかったこともある。


実際その子とアラフェスに参加する予定だったけれど、その子はドクターストップにより参加不可。


その子は初めての嵐のライブにどうしても、どうしても行きたかったけれど結局参加できないまま。


そういうやむを得ない場合だってある。


だからそういう"どうしようもなく譲る"場合があることを事務所にはわかって欲しい。


そしてそういう時は臨機応変に対応してほしい。


例えばマッチングシステムを作るとか、名義人のチケットを譲る同意書があればOKとか。


色々対策は取れるはず。


perfumeとか他のアーティストが行なっているようなことをジャニーズにも取り入れてほしい。



でもその前にここまで厳しくなったのは詐欺や転売、そしてTwitterでもよく見る謎の「大変人気のチケットなので1枚5からです」とかいうクソ野郎のせいだということを忘れてはいけない。


事務所が悪いんじゃない。


上記のクソ野郎のせいである。


デジタルチケットに関する数々のチケットトラブルも原因を突き止めればそういう高額転売や詐欺を行う人がいるから起きているわけで、事務所を責めるのはお門違いだと思う。


まあ正直「何故そんなミスが起こる!?」って思うところもあるけれど…



結局何が言いたいかっていうと正直私は「譲る」という行為自体は悪いことだと思わない。

空席を作るくらいなら誰かに行ってほしい。


そう思う事は悪い事じゃないと思う。


もしかするとそれをきっかけにファンになる人だっているかもしれないし。



でも譲るならルールを守りましょうよ、ってことで。

そしてそのルールを事務所には作ってもらいたい。


チケットトラブルが心配で厳しくしているなら事務所には仲介してもらいたいし、

そこまでやれる程人手が足りないならルールを掲示してほしい。


そのルールの中でこっちはやり取りするし。



今年の嵐のライブまでにはどうにかなっているといいな、とただただ私は願うばかりである。